黒のギター

    自宅で存分に楽器演奏を楽しむには

    近年、特に中高年の人を中心にギターを趣味とする人が増えてきています。ギターはピアノやヴァイオリンなどに比べると...

    Readmore
    ギターを弾く人

    楽器とギターのための防音スタジオについて

    世の中には楽器というものが存在します。楽器とは音を奏でる道具のことです。楽器は古くから存在する道具で、日本だけ...

    Readmore
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ギターを弾く人

世の中には楽器というものが存在します。
楽器とは音を奏でる道具のことです。
楽器は古くから存在する道具で、日本だけではなく世界中で愛用されてきました。
楽器は自分で演奏をして楽しんだり、教育の手段として用いたり、儀式などで利用されたりと多くの場面で使われるものなのです。
私たちは誰でも楽器に触れた経験があるものです。
学校教育、習い事、趣味などが多いです。
学校教育に関しては教育カリキュラムの一環としてハーモニカやリコーダーを演奏するようになっています。
習い事ではピアノやバイオリンが多いと言われています。
これは小さい頃から行なうことで英才教育になり、音楽の才能が開花しやすくなると言われています。
趣味に関して言うと特に男の子の場合は中学や高校に入る頃になるとバンドなどに憧れて楽器を始めることがあり、ギターやベースやドラムなどを演奏することがあるのです。
このように私たちはどこかで何かしらの楽器に触れる機会があるわけです。
上記の中にあるギターはクラシックギターやガットギター、アコースティックギターやエレキギターなどがあり、特にエレキギターは電気信号にかえてアンプを通し、スピーカーから大音量を出す楽器でもあるのです。
このことからある程度お金がある人やプロのミュージシャンは防音工事をしたスタジオを所有していることがあるのです。
スタジオの防音工事を業者に依頼するには注意しなければいけないことがあるのです。
それはスタジオの防音工事をする業者の一括見積サービスを利用することです。
このサービスを利用すると自分の条件に合った業者を選ぶことができるのです。
一括見積サービスはインターネット上のサービスで、必要事項を入力するとスタジオの防音工事をする複数の業者から査定結果が届くのです。
これにより、わざわざスタジオの防音工事をする業者ごとに足を運ぶ必要がありません。
また、スタジオの防音工事をする業者同士を比較検討できるのでスタジオの防音工事にかかる費用の適正価格が分かるのです。
これらのこともあり、現在はこの一括見積サービスを利用する人がいるのです。

ギター

 近年はすっかり影を潜めた傾向にありますが、一時期はバンドブームにともなって、バンドの練習にスタジオが頻繁に使われていました。
今でもそのニーズの件数こそ減ったものの、スタジオの需要はなくなったわけではありません。
今でもそう大きな話題にはなっていませんが、そのニーズはしっかりと生きています。
 しかし特にギターの練習では、その防音工事が十分でないと、周囲からのクレームもきますので、当然にスタジオの方は設備の防音工事は、必要不可欠なわけです。
スタジオですからもちろん、それは万全なのでしょうが、一時期のブームから時間も経っていますので、設備の老朽化という問題もあります。
そこで今もスタジオとして運営されているものは、定期的にその防音工事の効果を、検査しなければならないのです。
 基本、バンドを想定したスタジオの防音の基準は、やはりギターの音がメインになります。
そこでアンプを利用したギターの音が外部に漏れないか。
そこが基準になるわけです。
もともと防音工事というものは、アンプを使用したギターの音を想定してなされているわけですから、それを抑えられるかが、スタジオとして機能できるかの基準なのです。
 もちろん、主にバンド演奏を想定しているのですから、ドラムの音やボーカルのシャウトも防音工事の想定している音なのですが、やはりメインになるのはギターの音になります。
かつてバンド結成の際に、そのバンド内でもっとも数が多く、メインになっていたのがギターだった事実を見れば、それは一目瞭然でしょう。
 そのようなわけでライブハウスの防音工事の効果は、建築基準の数値等は当然の事、実際にギターの演奏を行って確認される事になります。
もちろん、防音工事が完成するたびに、そこでギター演奏をするわけにはいきませんので、実際にはあくまで数値上の計算で合っていれば完成になり、実際には店で演奏がされてはじめて現実に確認される事になります。